新型コロナウイルス感染症伴走支援型資金(危機関連保証)

2021/06/17 17:18 更新

宮城県
中小企業向け貸付・融資宮城県資金繰り(かりる)

概要

新型コロナウイルス感染症の影響により売上高が減少した中小・小規模事業者に対して、金融機関が継続的な伴走型での支援を実施することにより、資金繰りを支援する融資制度です。

支援内容

<融資上限>
4,000万円
<利率>
年1.60パーセント以内
<保証料>
年0.85パーセント
※経営者保証免除対応を適用する場合は1.05パーセント
<保証料補助>
国の補助により中小企業者は一律0.2パーセント相当額の負担となります。
<資金使途>
運転資金および設備資金
<償還期間>
10年以内(うち据置期間5年以内)
<取扱期間>
令和3年4月1日から令和3年12月31日の融資実行分まで

対象者

市町村長の認定を受けた次の要件に該当する中小企業者が対象です。
・金融取引に支障をきたしており、金融取引の正常化を図る為に資金調達を必要としていること
・経済産業大臣が指定した案件に起因して、原則として、最近1か月間の売上高等が前年同月比で15パーセント以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比で15パーセント以上減少することが見込まれること

利用・申請方法

市町村から認定書を受け、取扱金融機関へ融資の申し込みを行ってください。
※取扱金融機関:県内に本店・支店を有する都市銀行、地方銀行、第二地方銀行、信用金庫、信用組合、商工組合中央金庫および農林中央金庫

お問い合わせ

県内各金融機関
商工金融課
電話:022-211-2744

この支援情報をシェア