農業近代化資金(新型コロナウイルス感染症)

2022/08/30 11:35 更新

農林水産省
農林水産業向け貸付・融資農林水産省事業者向け新型コロナ資金繰り(かりる)

概要

意欲と能力を持つ農業を営む方等を対象に、経営改善に必要な施設資金等を円滑に融通するため、都道府県等が農協、銀行等民間金融機関に利子補給措置を講ずることにより、長期かつ低利の資金が融資されます。

支援内容

<資金使途>
農機具、農舎などの施設資金、長期運転資金
<借入限度額>
・農業を営む方:個人1,800万円、法人・団体2億円
・農協等:15億円(大臣が承認した場合はその承認額)
<金利>
貸付当初5年間は実質無利子
※6年目以降は所定の金利となります。
<融資期間>
資金使途に応じて7年から20年以内(うち据置期間は2年から7年以内)
<保証>
農業信用基金協会の保証を利用される場合は、実質無担保で当初5年間は保証料免除
※6年目以降は所定の保証料となります。

対象者

1.次のいずれかに当てはまる方
・認定農業者
・認定新規就農者
・主業農業者
・集落営農組織
・農業を営む任意団体
2.農協、農協連合会
3.上記1から2または地方公共団体が主たる構成員・出資者になっている団体または基本財産の過半を拠出している法人

利用・申請方法

お近くの、都道府県と利子補給契約を結んでいる融資機関へお問い合わせください。

お問い合わせ

お近くのJA(農業協同組合)、金融機関、日本政策金融公庫支店、沖縄振興開発金融公庫支店へお問い合わせください。

手続きなど詳しくは

以下のページをご覧ください。

https://www.maff.go.jp/j/g_biki/yusi/06/1_0641.html

この支援情報をシェア