漁業近代化資金等資金繰り対策

2021/07/07 21:54 更新

農林水産省
農林水産業向けその他・個人事業主向け貸付・融資農林水産省事業者向け新型コロナ資金繰り(かりる)

概要

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた漁業者が、施設整備等等に取組むために借り入れる漁業近代化資金等について、金利負担を軽減する利子助成事業(漁業経営基盤強化金融支援事業)を実施します。

支援内容

令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に貸付決定が行われた公庫資金(下記の2、3、4)または、令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に都道府県の利子補給承認が行われた資金(下記の1、5)を対象に、貸付利率に相当する利子を助成します。

<利子助成上限額>
1.漁業近代化資金
・1号から4号資金:5,000万円
・5号資金:3,000万円
2.漁業経営改善支援資金(公庫資金)
・長期運転資金:1,000万円
・長期運転資金以外の資金 :5,000万円
3.農林漁業施設資金(公庫資金)
・主務大臣指定施設:5,000万円
・共同利用施設 :5,000万円
4.農林漁業セーフティネット資金(公庫資金)
・3,000万円
5.漁業経営維持安定資金
・4,000万円
<利子助成期間>
最長5年
<利子助成率>
貸付利率に相当する利子(ただし2パーセントが上限)

※貸付条件など詳しくは、各資金の貸付を受ける金融機関にお問い合わせください。

対象者

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた漁業者等

利用・申請方法

各資金の貸付を受ける金融機関にお問い合わせください。

お問い合わせ

各資金の貸付を受ける金融機関にお問い合わせください。

手続きなど詳しくは

以下のページをご覧ください。

http://www.nokinkyo.or.jp/R3jigyo_gaiyo-sonota/0-6_R3gaiyo-gyogyo.pdf

この支援情報をシェア