帰国困難者に対する在留諸申請の取扱い

2022/06/07 17:14 更新

出入国在留管理庁
在留資格個人向け新型コロナ行政からのお知らせ出入国在留管理庁在留資格に関すること

概要

新型コロナウイルス感染症の影響により、帰国便の確保や本国国内の住居地への帰宅が困難であると認められる方への対応をお知らせします。

支援内容

出国者が増加している状況等を踏まえ、特例的な在留を認めている外国人の方について、現に有する在留資格の在留期限に応じ、次のとおり帰国に向けた措置をとることとします。

1.在留期限が6月29日までの方
次のとおり在留期間の更新を許可します。
・「特定活動(6か月)」等で在留している方:「特定活動(4か月)」
・「短期滞在(90日)」で在留している方:「短期滞在(90日)」
※現在許可されている範囲において引き続き就労できます。
※次回更新時には「特定活動(4か月)」または「短期滞在(90日)」を「今回限り」として許可します。

2.在留期限が6月30日以降の方
「今回限り」として、次のとおり在留期間の更新を許可します。
・「特定活動(6か月)」等で在留している方:「特定活動(4か月)」
・「短期滞在(90日)」で在留している方:「短期滞在(90日)」
※現在許可されている範囲において引き続き就労できます。
※帰国困難を理由とする在留許可は今回限りとなります。今回許可された期間内に帰国準備を進めてください。
※上記の許可に係る在留期間を満了した場合には、在留期間の更新は認められません。

3.新たに帰国困難を理由として在留を希望する方
令和4年11月1日までに現に有する在留資格の在留期限が満了する場合に限り、上記2の「今回限り」の措置を認めます。
※「特定活動(雇用維持支援)」については最大1年「今回限り」を許可します。

対象者

新型コロナウイルス感染症の影響により、本国等への帰国が困難な外国人

利用・申請方法

出入国在留管理庁Webサイト等でご確認ください。

お問い合わせ

<外国人在留総合インフォメーションセンター>
電話番号:0570-013904
電話番号:03-5796-7112(IP・海外から)
受付時間:8時30分から17時15分(月曜から金曜)

<最寄りの地方出入国在留管理官署>
http://www.moj.go.jp/isa/about/region/index.html

手続きなど詳しくは

以下のページをご覧ください。

https://www.moj.go.jp/isa/nyuukokukanri01_00155.html

この支援情報をシェア