テーマ別に制度を見る (121件)

最終更新日時: 2022/11/21 11:10

新着情報 (1件)

商店街ステップアップ支援事業

商店街等が実施するウィズコロナ・ポストコロナ時代に適応した集客回復のためのイベント開催等の取組みにかかる経費の一部を補助します。

更新 宮城県

資金繰り(もらう) (17件)

サプライチェーン構築支援費

海外から県内へ生産拠点を移転等する事業者に対して、経費の一部を助成するものです。

宮城県

飲食店感染予防環境整備支援事業

宮城県内において飲食業を営む中小規模事業者に対し、「みやぎ飲食店コロナ対策認証制度」を普及させるため、認証取得を目指す飲食店を支援します。

宮城県

【受付終了】宮城県時短要請等関連事業者支援金

緊急事態宣言措置、まん延防止措置および県の要請した飲食店に対する営業時間の短縮要請等によって、大きな影響を受ける中小企業等の事業継続を支援します。

宮城県

【受付終了】定時定路線・生活維持支援金

外出や営業の自粛があった状況においても、運行あるいは運行体制を維持した地域交通事業者等を支援します。

宮城県

【受付終了】宮城県時短要請等関連事業者支援金(酒類販売事業者向け)

緊急事態宣言措置、まん延防止措置および県の要請した飲食店に対する酒類の提供停止をともなう営業時間の短縮要請等によって、大きな影響を受ける酒類販売事業者の事業継続を支援します。

宮城県

事業再構築補助金

ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するために、新分野展開、事業転換、業種転換、業態転換、または事業再編という思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援します。

中小企業庁

小規模事業者持続化補助金(一般型)

小規模事業者が、今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更等に対応し、生産性向上と持続的に事業を発展させていくため、自ら作成した経営計画に基づき販路開拓や業務効率化に取り組む費用について支援が受けられます。

中小企業庁

海外サプライチェーン多元化等支援事業

日本への製品・部素材の供給を目的とする海外製造拠点の複線化等に向けた設備導入・実証事業・事業実施可能性調査等について支援が受けられます。 ※第6回公募は、令和4年10月28日をもって締め切りました。公募採択の発表は12月下旬を予定しています。

経済産業省

産業雇用安定助成金

新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が、労働者の雇用を維持するために他の事業主の事業所に勤務(出向)させる場合、出向元と出向先の双方の事業主に対して、その出向に要した賃金や経費の一部が助成されます。

厚生労働省

宮城県中小企業等事業再構築支援補助金(国制度への上乗せ補助金)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって業況が悪化し、経営の維持向上に支障をきたしている宮城県内の中小企業・小規模事業者等が、本事業の活用により持続可能な経営形態への転換など事業の再構築を図る取組みを支援する補助金です。

宮城県

【受付終了】宮城県中小企業等事業再構築支援補助金(県独自の補助金)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって業況が悪化し、経営の維持向上に支障をきたしている宮城県内の中小企業・小規模事業者等が、本事業の活用により持続可能な経営形態への転換など事業の再構築を図る取組みを支援する補助金です。

宮城県

商店街ステップアップ支援事業

商店街等が実施するウィズコロナ・ポストコロナ時代に適応した集客回復のためのイベント開催等の取組みにかかる経費の一部を補助します。

更新 宮城県

宮城県中小企業等再起支援事業

新型コロナウイルス感染症の影響により業績が悪化し、経営の維持向上に支障をきたしている中小企業等が、早期の再起を図るために行う、販路開拓や生産性向上、感染防止対策に係る取組みを支援する補助金です。

宮城県

外食産業事業継続緊急支援事業のうち業態転換等支援事業

新型コロナウイルスの影響により経営環境が悪化した飲食店が、今後の事業継続および需要の喚起のために行う業態転換等の取組(新メニュー開発、提供方法の見直し等)について支援が受けられます。また、外食産業への普及推奨モデルになると判断される取組については、優先的に採択・公表されます。 ※2次公募は終了しています。第2次補助対象事業者の採択結果公表は11月上旬を予定しています。

農林水産省

認証飲食店省エネルギー設備等導入支援補助金

原油価格高騰の影響を受けた、みやぎコロナ対策認証飲食店を営む中小企業者等に対して、運用コストの削減のための省エネルギー設備への更新およびデジタル化に要する費用を支援します。

宮城県

運送事業者原油高騰緊急支援補助金

燃料高騰により、厳しい経営状況におかれている宮城県内の貨物運送事業者に対し、貨物車両の保有台数に応じて補助金を支給します。

宮城県

IT導入補助金

中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する際に経費の一部が補助されます。

経済産業省

資金繰り(かりる) (29件)

災害復旧対策資金

新型コロナウイルス感染症により売上高が減少した中小・小規模事業者に対し、災害復旧対策資金により資金繰りを支援する融資制度です。

宮城県

セーフティネット資金(セーフティネット保証4号)

新型コロナウイルス感染症により売上高が減少した中小・小規模事業者に対し、セーフティネット資金(セーフティネット保証4号)により資金繰りを支援する融資制度です。

宮城県

セーフティネット資金(セーフティネット保証5号)

新型コロナウイルス感染症により売上高が減少した中小・小規模事業者に対し、セーフティネット資金(セーフティネット保証5号)により資金繰りを支援する融資制度です。

宮城県

農林業経営サポート資金(林業)

新型コロナウイルス感染症により農林業経営に影響を受け、今後の経営の維持や安定に向けた資金を必要とする農林業者を支援するため、無利子の短期運転資金を融資します。

宮城県

農林業経営サポート資金(農業)

新型コロナウイルス感染症により農林業経営に影響を受け、今後の経営の維持や安定に向けた資金を必要とする農林業者を支援するため、無利子の短期運転資金を融資します。

宮城県

緊急小口資金

緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、少額の費用を貸付けます。

宮城県

総合支援資金

生活再建までの間に必要な生活費用を貸付けます。

宮城県

事業再生計画実施支援資金(感染症対応枠)

認定支援機関の指導または助言を受けて作成した事業再生の計画等に従って事業再生を行う中小企業者の資金調達を支援する融資制度です。

宮城県

新型コロナウイルス感染症伴走支援型資金(セーフティネット保証4号)

新型コロナウイルス感染症の影響により売上高が減少した中小・小規模事業者に対して、金融機関が継続的な伴走型での支援を実施することにより、資金繰りを支援する融資制度です。

宮城県

新型コロナウイルス感染症伴走支援型資金(セーフティネット保証5号)

新型コロナウイルス感染症の影響により売上高が減少した中小・小規模事業者に対して、金融機関が継続的な伴走型での支援を実施することにより、資金繰りを支援する融資制度です。

宮城県

新型コロナウイルス感染症伴走支援型資金(一般保証)

新型コロナウイルス感染症の影響により売上高が減少した中小・小規模事業者に対して、金融機関が継続的な伴走型での支援を実施することにより、資金繰りを支援する融資制度です。

宮城県

セーフティネット保証4号

セーフティネット保証4号とは、自然災害等の突発的事由により、売上高等が減少している中小企業・小規模事業者の資金繰り支援措置として、信用保証協会が一般保証とは別枠で融資額の100パーセントを保証する制度で、現在、新型コロナウイルス感染症対策として、47都道府県を対象に、セーフティネット保証4号が発動されています。

経済産業省

セーフティネット保証5号

セーフティネット保証5号とは、全国的に業況の悪化している業種に属することにより、経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で80パーセント保証を行う制度です。

経済産業省

セーフティネット貸付の要件緩和

社会的、経済的環境の変化などの外的要因により、一時的に資金繰りに支障をきたしているが、中長期的には回復が見込まれる中小企業・小規模事業者は融資を受けることができます。

経済産業省

新型コロナウイルス感染症特別貸付(無担保融資)

新型コロナウイルス感染症特別貸付では、信用力や担保によらず一律金利とし、融資後の3年間まで0.9パーセントの金利引き下げが実施されています。 ※中小企業基盤整備機構が行う特別利子補給制度(実質無利子化)は、令和4年9月30日のお借入申し込み受付分をもちまして、取扱いが終了となりました。

経済産業省

特別利子補給制度(実質無利子)

本制度は、日本政策金融公庫(日本公庫)、沖縄振興開発金融公庫(沖縄公庫)、商工組合中央金庫(商工中金)および日本政策投資銀行の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」「危機対応業務(危機対応融資)」等の特別利子補給の対象となる貸付により借入を行った方のうち、一定の要件を満たす方に対し、貸付を受けた日から最長3年間にあたる利子相当額を一括して助成することにより、実質的な無利子化を実現するものです。

経済産業省

農林漁業セーフティネット資金(新型コロナウイルス感染症)

自然災害や、社会的・経済的環境変化等により、農林漁業経営の維持安定が困難な農林漁業者を対象に、一時的な影響に対し、緊急的に対応するために必要な長期資金が、日本政策金融公庫等から融資されます。

農林水産省

経営体育成強化資金(新型コロナウイルス感染症)

意欲と能力をもって農業を営む方を対象に、経営展開に必要な前向き投資のための資金と営農負債の償還負担を軽減するための資金が、長期低利で日本政策金融公庫等から融資されます。

農林水産省

農業近代化資金(新型コロナウイルス感染症)

意欲と能力を持つ農業を営む方等を対象に、経営改善に必要な施設資金等を円滑に融通するため、都道府県等が農協、銀行等民間金融機関に利子補給措置を講ずることにより、長期かつ低利の資金が融資されます。

農林水産省

林業・木材産業災害復旧対策保証(新型コロナウイルス感染症対策)

新型コロナウイルス感染症の影響により売上高等が減少している林業者・木材産業者を対象に、一般枠とは別枠(8,000万円)で借入債務の100パーセントまたは80パーセントが保証されるとともに、保証引受に必要な保証料が最大5年間実質免除されます。

林野庁

新型コロナウイルス対策マル経融資(小規模事業者経営改善資金)

小規模事業者経営改善資金(通称:マル経)は、商工会議所・商工会等による経営指導を受けた小規模事業者に対して、日本政策金融公庫等が無担保・無保証人で融資を行う制度です。 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた特例措置として、別枠1,000万円の範囲内で当初3年間、通常の金利より0.9パーセント引下げられます。

経済産業省

農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)(新型コロナウイルス感染症)

認定農業者は、農業経営改善計画に即して規模拡大その他の経営改善を図るのに必要な長期低利資金について、日本政策金融公庫等から融資を受けることができます。

農林水産省

新型コロナウイルス感染症にかかる衛生環境激変特別貸付(日本政策金融公庫・沖縄振興開発金融公庫)

新型コロナウイルス感染症の発生により影響を受けた旅館業、飲食店営業および喫茶店営業を営む方向けの衛生環境激変特別貸付です。

(その他)

生活衛生新型コロナウイルス感染症特別貸付

新型コロナウイルス感染症の影響により、一時的に業況悪化を来している生活衛生関係の事業を営む方は、生活衛生新型コロナウイルス感染症特別貸付の融資が受けられます。

(その他)

【受付終了】DBJ・商工中金による危機対応融資

新型コロナウイルス感染症による影響を受け、業況が悪化した事業者は、日本政策投資銀行・商工組合中央金庫による危機対応融資が受けられます。 <日本政策投資銀行 新型コロナウイルス感染症に関する危機対応相談窓口> 電話番号:0120-598-600 <商工組合中央金庫相談窓口> 電話番号:0120-542-711 ※本融資については、2022年9月末日で受付を終了しました。

(その他)

福祉・医療関係施設等に対する優遇融資(新型コロナウイルス対応支援資金)

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた福祉関係施設・医療関係施設等に対して、無担保で新型コロナウイルス対応支援資金の融資が実施されています。

厚生労働省

新型コロナウイルス対策衛経融資(生活衛生改善貸付)

生活衛生改善貸付(生活衛生関係営業経営改善資金特別貸付)は、生活衛生同業組合などの経営指導を受けている生活衛生関係の事業を営む小規模事業者が、経営改善に必要な資金を無担保・無保証人で利用できる制度です。 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた特例措置として、別枠1,000万円の範囲内で当初3年間、通常の金利より0.9パーセント引下げに加えて、据置期間を運転資金で3年以内、設備資金で4年以内に延長します。

厚生労働省

新型コロナウイルス感染症にかかる小規模企業共済制度の特例措置

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて業況が悪化した小規模企業共済の契約者に対し、緊急経営安定貸付けの実施、契約者貸付けの延滞利子の免除、掛金月額の減額、分割共済金の一括支給(繰上支給)などの特例措置が実施されています。 ※「特例緊急経営安定貸付け」および「契約者貸付けの延滞利子の免除」は、令和4年9月30日をもって受付終了となりました。

経済産業省

日本公庫等の既往債務の借換

日本政策金融公庫等の新型コロナウイルス感染症特別貸付について、各機関毎に、既存の債務を対象とした借換が可能です。

(その他)

雇用・従業員に関すること (10件)

雇用調整助成金の特例措置

雇用調整助成金は、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練または出向を行い、労働者の雇用維持を図った場合に、事業主の申請に基づき、事業主が労働者に支払った休業手当等の一部を助成するものです。

厚生労働省

休業や労働時間変更への対応(新型コロナウイルスに関する企業の方向けQ&A)

厚生労働省のWebサイトでは、企業(労務)の方向けに、新型コロナウイルス感染症に関するQ&Aをまとめて掲載しています。 <Q&Aの内容> 1.風邪の症状がある方、感染が疑われる方、感染した方が職場復帰する場合への対応 2.感染防止に向けた柔軟な働き方(テレワーク、時差通勤、時差休憩) 3.雇用調整助成金の特例措置 4.労働者を休ませる場合の措置(休業手当、特別休暇など) 5.労働時間(変形労働時間制、36協定の特別条項など) 6.安全衛生 7.労災補償 8.軽症者等の宿泊療養を実施する宿泊施設等の運営者の方向け 9.労働者派遣 10その他(職場での嫌がらせ、採用内定取消し、解雇・雇止めなど) 詳しくは、「新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)」(厚生労働省サイト)をご覧ください。

厚生労働省

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

新型コロナウイルス感染症および、そのまん延防止の措置の影響により休業させられた労働者のうち、休業手当の支払いを受け取ることができなかった方は、申請により、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金を受けることができます。 ※令和4年12月から令和5年3月までは、給付率が変更(休業前の1日あたり平均賃金の60パーセント)となる予定です。

厚生労働省

両立支援等助成金 介護離職防止支援コース「新型コロナウイルス感染症対応特例」

新型コロナウイルス感染症への対応として、介護のための有給の休暇制度を設け、家族の介護を行う労働者が休みやすい環境を整備した中小企業事業主を支援します。

厚生労働省

新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇制度導入助成金

新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置として、休業が必要とされた妊娠中の女性労働者が、安心して休暇を取得して出産し、出産後も継続して活躍できる職場環境を整備するため、その女性労働者のために有給の休暇制度を設けて取得させた事業主を助成します。

厚生労働省

両立支援等助成金(新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援コース)

新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置として、医師または助産師の指導により、休業が必要とされた妊娠中の女性労働者が取得できる有給(年次有給休暇で支払われる賃金相当額の6割以上)の休暇制度(年次有給休暇を除く)を設け、取得させた事業主に対して、助成金を支給します。

厚生労働省

小学校休業等対応助成金(労働者を雇用する事業主の方向け)

新型コロナウイルス感染症に関する対応として、ガイドライン等に基づき、臨時休業等をした小学校等(保育所等を含む)に通う子どもや、新型コロナウイルスに感染した子どもなど、小学校等を休む必要がある子どもの世話を保護者として行うことが必要となった労働者に対し、有給休暇を取得させた事業主に助成金が支給されます。

厚生労働省

小学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け)

新型コロナウイルス感染症の影響による小学校等(保育所等を含む)の臨時休業等にともない、子どもの世話を行うために、契約した仕事ができなくなった個人で仕事をする保護者へ支援金を支給します。

厚生労働省

求職者支援制度の特例措置

求職者支援制度は、スキルアップを目指す方が、生活支援の給付金を受給しながら、無料の職業訓練を受講する制度です。新型コロナウイルスの影響を受けてシフトが減少した方や、休業を余儀なくされている方などが、働きながら訓練を受講しやすくするため、本制度に令和5年3月末までの特例措置を設けています。

厚生労働省

紹介予定派遣を活用した研修・就労支援事業(お仕事をお探しの方向けの支援)

厚生労働省では、新型コロナウイルス感染症により離職を余儀なくされた方々等に対し労働移動やステップアップを強力に支援するための「伴走型」就労支援事業を行っています。一定の基準を満たした派遣事業者が紹介予定派遣の仕組みを使って支援しますので、この事業をご利用いただくことで、いろいろなサポート(専門的なカウンセリングや研修等)を受けながら自分にあった仕事を見つけることができます。 取り扱い求人については、下記リンク先の「紹介予定派遣就労支援特設サイト」をご覧ください。

厚生労働省

テレワークに関すること (4件)

【受付終了】中小IT企業テレワーク導入・人材育成支援事業補助金

新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、在宅勤務等を可能とするテレワーク環境の構築に取り組む県内中小IT企業に対してその取組に係る経費の一部補助を行うものです。 また、新型コロナウイルス感染症の影響で各種研修の受講ができない若手社員等のITスキル向上のため、オンラインを用いた研修受講費等の一部補助を行うものです。

宮城県

テレワークに関する情報提供(テレワーク導入事例の紹介)

コロナ感染症拡大防止にあたっては、テレワークも有効な手段です。テレワーク導入にあたっての参考としていただけるよう、導入企業の優れた事例をご紹介します。

総務省

テレワーク等のための設備投資税制(中小企業経営強化税制)

中小企業等経営強化法に基づき、認定を受けた経営力向上計画に従って行われた、一定の設備投資について、即時償却または税額控除の適用を受けることができます。 テレワーク等のために行う設備投資についても、この適用を受けることができます。

中小企業庁

IT導入補助金

中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する際に経費の一部が補助されます。

経済産業省

輸出入に関すること (1件)

輸出入手続きの緩和等について

新型コロナウイルス感染症の影響に鑑み、「外国為替及び外国貿易法」に基づく申請手続等について、緩和措置を行っています。

経済産業省

税・年金・保険 (5件)

県税の猶予

新型コロナウイルス感染症等の影響により、県税を一時に納付することができない場合で、一定の要件に該当する方に対する猶予制度があります。

宮城県

テレワーク等のための設備投資税制(中小企業経営強化税制)

中小企業等経営強化法に基づき、認定を受けた経営力向上計画に従って行われた、一定の設備投資について、即時償却または税額控除の適用を受けることができます。 テレワーク等のために行う設備投資についても、この適用を受けることができます。

中小企業庁

子供の学び応援サイト

「子供の学び応援サイト」では、お子さんや保護者が自宅等で活用できる教材や動画などの学習支援コンテンツを、随時更新して掲載しています。

文部科学省

新型コロナウイルスの影響により納税が困難な方に対する地方税の猶予制度

新型コロナウイルス感染症の影響等により納税が困難な方は、猶予制度を受けられる場合があります。また、地方税を一時に納付することができない場合、申請により換価の猶予を受けられる場合があります。

総務省

生産性革命推進事業ポータルサイト

生産性革命推進事業ポータルサイトでは、「生産性を向上したい」「IT導入を推進したい」「働き方改革に取り組みたい」といった中小企業・小規模事業者への支援情報を発信しています。

経済産業省

生活インフラ(自動車・住宅・電気・ガス・水道) (3件)

住居確保給付金

新型コロナウイルス感染症の影響により、休業や離職等で収入が減少し、住居を失う恐れがある場合、不動産媒介事業者等へ代理納付で資金を給付します。

宮城県

運転免許の再取得に当たっての試験免除措置

新型コロナウイルスへの感染やそのおそれを理由に、運転免許証の通常の更新手続を受けることができなかった方について、免許再取得に当たっての試験が免除される措置が実施されています。

警察庁

電気・ガス料金の支払い猶予等について

個人または企業にかかわらず、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、電気・ガス料金の支払いに困難な事情がある方は、その置かれた状況に配慮し、料金の未払いによる供給停止の猶予など、電気・ガス料金の支払いの猶予が受けられます。

経済産業省

公的施設の使用 (1件)

【11月17日で停止】みやぎお知らせコロナアプリ(MICA)

対象施設を利用する場合に、利用者がメールアドレスを県の電子申請システムに登録することにより、当該施設において感染者が認められた場合、施設の利用者に感染情報等をメールで伝達します。

宮城県

相談 (21件)

事業者向け相談窓口

新型コロナウイルス感染症が拡大していることに伴い、事業者向けに経営や資金繰り等に関する相談窓口を設置しています。

宮城県

中小企業向け専門家経営相談

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、中小企業・小規模事業者の経営や資金計画などの課題解決のため、専門的な知識を有する(公財)みやぎ産業振興機構の登録専門家による「相談対応」「専門家派遣」を実施し、課題解決のための助言を行います。

宮城県

水産加工業者向けワンストップ相談窓口

水産加工業者の経営に関する様々な相談をワンストップで受け付け、国や県、関係団体の支援事業等をご案内します。 新型コロナウイルス感染症への対応に関する相談も受け付けています。

宮城県

新型コロナウイルスに関する漁業経営相談窓口

新型コロナウイルス感染症が拡大していることに伴い、漁業経営への改善支援および融資に関する相談窓口を設置しています。

宮城県

農業経営相談窓口

新型コロナウイルス感染症の拡大により、営農継続への不安を持つ農業者からの相談に対して、指導・助言等を行います。

宮城県

健康電話相談窓口

新型コロナウイルス感染症に関する健康電話相談窓口(コールセンター)です。

宮城県

消費生活相談事業

新型コロナウイルス関連の消費生活相談をします。

宮城県

健康電話相談窓口(コールセンター)運営事業

新型コロナウイルス感染症に関する健康相談窓口の運営をします。

宮城県

みやぎ男女共同参画相談室

家庭や地域、職場などでの性別による差別的な扱い、セクハラなど男女共同参画に関する様々な悩みを気軽に相談できる窓口です。

宮城県

みやぎ外国人相談センター

外国籍の県民等からの生活一般の相談を受け付ける窓口です。13言語で対応可能です。

宮城県

新型コロナウイルス感染症に関する経営相談窓口

<新型コロナウイルスに関する経営相談窓口> 新型コロナウイルス感染症により影響を受ける、またはそのおそれがある中小企業・小規模企業者を対象として、相談日と時間について、事前にお問い合わせの上、予約してください。 https://www.smrj.go.jp/news/2019/favgos000000fetv.html <オンライン経営相談「E-SODAN」> 新型コロナウイルス対策やその他経営に関する質問に、AIチャットボットが24時間365日お答えします。 平日9時から17時には、専門家とのチャットで相談することもできます。 https://bizsapo.smrj.go.jp/ <経営相談体制強化事業(支援機関への専門家派遣)> 新型コロナウイルス感染症の影響を受ける中小企業・小規模事業者の経営相談対応等を実施する支援機関等に対し、中小企業診断士、税理士、企業経営や店舗経営の経験者等の専門家を無料で派遣します。 https://www.smrj.go.jp/covid19/consulting/favgos000000ryxv-att/20210408_news01.pdf

経済産業省

現地進出企業・現地情報及びジェトロ相談窓口

ジェトロ(日本貿易振興機構)ホームページでは、世界各国の新型コロナウイルス感染症拡大に伴う移動制限や経済への影響、政府等による経済対策、事業者支援策などの情報を各地域ごとに紹介しています。 また、中小企業等を対象とした、海外ビジネス相談窓口を設置しています。

経済産業省

新型コロナウイルスに関する金融庁相談ダイヤル

金融庁相談ダイヤルでは、新型コロナウイルスに関連する金融機関等とのお取引に関してのお問い合わせ、ご相談を電話やファックス等により受け付けています。 <電話での受付> ・電話番号:0120-156811(フリーダイヤル) ・電話番号(IP電話から):03-5251-6813 ・受付時間:平日10時から17時(土日・祝日・年末年始を除く) <ファックス、メールでの受付> ・ファックス:03-3506-6699(24時間受付) ・メール:saigai@fsa.go.jp(24時間受付) <文書での受付> 郵便番号100-8967 東京都千代田区霞が関3-2-1中央合同庁舎第7号館 金融庁金融サービス利用者相談室 ※一般の「金融機関との間の個別トラブルに関する相談等や金融行政に関する意見・要望等」については下記あてにおかけください。 ・電話番号:0570-016811 ・電話番号(IP電話から):03-5251-6811

金融庁

厚生年金保険料等の猶予制度

新型コロナウイルス感染症の影響により、厚生年金保険料等の納付が一時的に困難となった場合に猶予が認められる場合があります。

厚生労働省

旅行業者等向け特別相談窓口

新型コロナウイルス感染症を起因とした旅行者の減少等、経営環境の変化に直面している旅行業者等の不安を解消するため、地方運輸局および内閣府沖縄総合事務局内に特別相談窓口を設置し、旅行業者等の状況や要望をお聞きした上で、活用可能な支援策の紹介や、経済産業局・都道府県労働局等と連携した支援を行います。

観光庁

外国人旅行者向け多言語コールセンター「Japan Visitor Hotline」

日本を旅行中の外国人がお困りの際には、「Japan Visitor Hotline(ジャパン・ビジター・ホットライン)」をご利用ください。 ・電話番号:050-3816-2787 ・対応時間:365日・24時間 ・対応言語:英語、中国語、韓国語 ・対応範囲:病気、災害等、非常時のサポートおよび一般観光案内(今般の新型コロナウイルスに関するご相談、外国語で受診可能な医療機関のご紹介等もいたします) ※英語・中国語・韓国語によるご案内は、下記チラシをご覧ください。 https://www.jnto.go.jp/jpn/projects/visitor_support/japanvisitorhotline.pdf

観光庁

人権相談窓口

法務省の人権擁護機関では、新型コロナウイルス感染症に関連する差別や偏見、嫌がらせ等の被害にあった方からの人権相談を受け付けています。

法務省

新型コロナウイルス感染症に関連する有価証券報告書等の提出期限について

今般の新型コロナウイルス感染症に関連し、有価証券報告書等の提出期限について、次の通りお知らせいたします。ご質問等がございましたら、ご遠慮なく所管の財務(支)局までご連絡ください。

金融庁

宿泊事業者等の観光関連事業者向け特別相談窓口

新型コロナウイルス感染症等を起因とした外国人観光客の減少等、経営環境の変化に直面している宿泊事業者等の不安を解消するため、地方運輸局および内閣府沖縄総合事務局内に特別相談窓口を設置し、宿泊事業者等の状況や要望をお聞きした上で、活用可能な支援策の紹介や、経済産業局・都道府県労働局等と連携した支援を行います。

観光庁

専門家による経営アドバイス(よろず支援拠点、中小企業119)

中小企業・小規模事業者等の経営上のさまざまなご相談に応じ、解決に向けた具体的な支援を行う機関として「よろず支援拠点」と「中小企業119」をご紹介します。

中小企業庁

事業承継・引継ぎ支援センター

後継者不在などの悩みを抱える中小企業者等を対象とした、経験豊富な事業引継ぎのプロによるアドバイスやサポートが実施されています。

中小企業庁

在留資格に関すること (4件)

帰国困難者に対する在留諸申請の取扱い

新型コロナウイルス感染症の影響により、帰国便の確保や本国国内の住居地への帰宅が困難であると認められる方への対応をお知らせします。

出入国在留管理庁

留学生および日本語教育機関における新型コロナウイルス感染症への対応について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大等を受けた留学生等の在留資格の取り扱いや、日本語教育機関における新型コロナウイルス感染症への対応についてご案内しています。 詳細は出入国在留管理庁Webサイトでご確認ください。

出入国在留管理庁

技能実習生に係る新型コロナウイルス感染症への対応について

新型コロナウイルス感染症の影響により解雇等され、実習が継続困難となった技能実習生、特定技能外国人等の雇用を維持するため、特定産業分野(特定技能制度の12分野)における再就職の支援を行うとともに、一定の要件の下、在留資格「特定活動」を付与し、外国人の雇用を維持するための支援を行っています。 ※新たに帰国困難を理由として雇用維持支援での在留を希望する場合は、現に有する在留資格の在留期限が、令和4年11月1日までに満了する場合に限り、最大で1年間の在留を認めることとします。 詳細は出入国在留管理庁Webサイトでご確認ください。

出入国在留管理庁

在留申請のオンライン手続に関する利用案内

令和4年3月より、これまで所属機関の職員等に限定されていた、在留申請オンラインシステムの利用ついて、マイナンバーカードと公的個人認証機能を活用することで、外国人ご本人等によるオンライン申請が可能となりました。

出入国在留管理庁

生活費に関すること (11件)

宮城県新型コロナウイルス対応 生活応援緊急融資制度

宮城県内の中小企業に勤務する方で、新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少するなど、緊急に生活資金を必要とする方を対象に、宮城県と東北労働金庫が提携して生活資金を融資する制度です。

宮城県

海外留学等及び外国人留学生に関する情報

海外留学中の日本人学生および外国人留学生向けの、新型コロナウイルス感染症対策に関する情報を随時更新してお知らせしています。 ※詳しくは、下記の各リンク先ページをご覧ください。 ・留学中・留学予定の日本人学生の皆さんへ https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/1405561_00001.htm ・日本に留学中の外国人学生の皆さんへ<外国人留学生向けの利用可能な制度一覧> https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/1405561_00006.htm ・To All International Students Studying in Japan <List of Programs Available to International Students> https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/1405561_00007.htm

文部科学省

新型コロナウイルス感染症に係る海事関係事業者向け特別相談窓口

新型コロナウイルス感染症等を起因とした経営環境の変化に直面している海事関係事業者からの相談や要望にきめ細かく対応するため、地方運輸局ごとに特別相談窓口を設置しています。

国土交通省

在留資格認定証明書に係る取扱い

新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、在留資格認定証明書の有効期間に係る取扱いについてお知らせします。

出入国在留管理庁

DV相談+(プラス)・DV相談ナビ

新型コロナウイルス感染症に伴う生活不安・ストレスなどから、DVの増加・深刻化が懸念されています。 DVの悩みについてひとりで抱えず、お気軽にご相談ください。 <DV相談+(プラス)> あなたが配偶者やパートナーから受けている様々な暴力(DV)について、専門の相談員が一緒に考えます。 ・電話番号:0120-279-889(24時間受付) ※メールやチャットでも相談が可能です。詳しくは下記の「DV相談+」サイトでご確認ください。 https://soudanplus.jp/ <DV相談ナビ> 配偶者からの暴力に悩んでいることを、どこに相談すればよいかわからないという方のために、全国共通の電話番号(#8008)から、最寄りの相談機関に自動転送でおつなぎします。 ※ご利用には通話料がかかります。 ※ご相談は、各機関の相談受付時間内に限ります。 ※一部のIP電話等からはつながりません。

内閣府

定時株主総会の開催について

法務省では、新型コロナウイルス感染症に関連し、当初予定した時期に定時株主総会を開催することができない状況が生じた場合における定時株主総会の開催について、お知らせしています。

法務省

新型コロナウイルス感染症に関連しイベントや旅行が中止になった場合のキャンセル料等

法務省では、新型コロナウイルス感染症に関連して、イベントや旅行が中止になった場合のキャンセル料等に関する留意事項についてお知らせしています。

法務省

住居確保給付金

新型コロナウイルス感染症の影響による休業等にともなう収入の減少により、家賃の支払いに困り、住居を失うおそれのある方に対し、家賃相当額を支給します。

厚生労働省

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、さまざまな困難に直⾯した⽅々が、速やかに⽣活・暮らしの⽀援を受けられるよう、住⺠税⾮課税世帯等へ臨時特別給付金を支給します。 ※受付終了日は自治体により異なりますが、多くの自治体で2022年10月末までに受付を終了しています。

内閣府

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得のひとり親世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金を支給します。

厚生労働省

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金を支給します。

厚生労働省

行政からのお知らせ (11件)

【受付終了】みやぎ文化芸術応援事業「トモシビ・プロジェクト」

新型コロナウイルス感染拡大防止の影響により、活動の自粛を余儀なくされたプロの芸術家(アーティスト、クリエイター等の名称を問わず、スタッフを含む)等によるWeb上で配信する動画作品への出演料に対する助成を実施します。

宮城県

臨時休業に伴う家庭学習支援事業

新小学1年生向け学習支援番組「むすび はなまる 1ねんせい」を紹介します。

宮城県

みやぎの家庭学習支援サイト

学校の臨時休業中、家庭において子どもが一人でも学習に取り組める動画コンテンツの提供と教員のICT活用のための支援です。

宮城県

「新型コロナ対策実施中」ポスター等の発行

一定の基準を満たした、新型コロナウイルス感染症対策を講じている店舗・施設・イベント等であることを示す「新型コロナ対策実施中ポスター」等を発行します。

宮城県

選ぶ!選ばれる!!みやぎ飲食店コロナ対策認証制度

宮城県内の飲食店における感染防止策を強化し、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を断続的に抑えこむとともに、県が第三者として認証することで利用客の増加につなげ、県内飲食業の振興を図るものです。

宮城県

欠損金の繰戻し還付

青色申告書を提出する法人が、確定申告書を提出する事業年度に欠損金額が生じた場合、その欠損金額をその事業年度開始の日前1年以内に開始したいずれかの事業年度に繰り戻して法人税額の還付を請求することができます。 詳しくは国税庁Webサイト等でご確認ください。

財務省

マンションの管理組合等における集会の開催について

法務省では、新型コロナウイルス感染症の影響により、管理組合等において、建物の区分所有等に関する法律上の集会の開催をすることができなくなった場合について、以下のとおりとしています。 ・新型コロナウイルス感染症に関連し、前年の集会の開催から1年以内に区分所有法上の集会の開催をすることができない状況が生じた場合には、その状況が解消された後、本年中に集会を招集し、集会において必要な報告をすれば足りるものと考えられます。 詳しくは、法務省Webサイト等でご確認ください。

法務省

新型コロナウイルス感染症に関連して、相続放棄等の熟慮期間の延長を希望する方へ

親族が亡くなったにもかかわらず、新型コロナウイルス感染症の影響により熟慮期間(相続の承認または放棄をすべき期間)内に相続の承認または放棄をすることができない場合には、この期間を延長するため、家庭裁判所に申立てをすることができます。また、同申立ては、必要書類を家庭裁判所に郵送することによってもできます。 詳しくは、法務省Webサイト等をご覧ください。

法務省

新型コロナウイルス感染症の影響により借金等の返済が困難となった方へ

新型コロナウイルス感染症の影響により経済的に苦しい状況になり、借金等の返済を続けていくことが難しくなった方が利用することのできる裁判所の手続についてご紹介します。 借金等の返済が困難になった個人または法人が債務を整理するために利用することのできる裁判所の手続きとしては、次のような手続が用意されています。 1.特定調停手続 2.再生手続 3.破産手続 これらの手続を利用するためには、管轄の裁判所に申し立てる必要があります。 ※詳しくは、法務省のWebサイトをご覧ください。

法務省

登記・供託に関するオンライン申請等の活用について

法務省では、新型コロナウィルス感染症に関連して、不要不急の外出を避ける観点から、登記・供託申請や登記事項証明書・印鑑証明書等の取得・閲覧等について、オンラインや郵送による申請・請求や登記情報提供サービスの活用について案内しています。 詳しくは、法務省ホームページをご覧ください。

法務省

新型コロナウイルスに関連した研究機関・研究者、科学技術関連行政機関向けの情報提供

新型コロナウイルスに関連した、研究機関・研究者、科学技術関連行政機関向けの以下のような情報を、随時更新して掲載しています。 ・新型コロナウイルスに関する研究の実施に向けた情報 ・新型コロナウイルスに関する文部科学省および文部科学省所管法人事業、研究成果の情報 ・新型コロナウイルス対策によって研究活動に影響を受けた研究者・研究機関に向けた情報

文部科学省

授業料に関すること (2件)

学生への支援「貸与奨学金(緊急採用・応急採用)」

日本学生支援機構(JASSO)では、経済的理由で修学が困難な大学生等を対象に、無利息または利息付の奨学金を貸与しています。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、家計が急変した場合には、急変後の所得が要件を満たしていれば、本支援の対象となります。

(その他)

学生への支援「給付奨学金(家計急変採用)」

独立行政法人日本学生支援機構では、経済的理由で修学が困難な大学生等を対象に、返還不要の奨学金の支給および授業料等の減免を行っています。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、家計が急変した場合には、急変後の所得が要件を満たしていれば、支援が受けられます。

(その他)

施設の維持・運営に関すること (1件)

安心な観光地づくり推進事業

新型コロナウイルス感染症対策を講じている観光・宿泊施設を応援する取組として、「安心な観光地づくり推進事業」を実施しています。

宮城県